住まいづくりコラム

フリープラン(自由設計)ってなに?注文住宅との違いは?

フリープラン(自由設計)とは

フリープランは、家を建てる住宅メーカーや商品シリーズ、工法、内装設備などがある程度決まっていて、その中で自由に選んで家を作っていくという仕組みです。フリープランでどこまで決められているか、自由度がどれくらいあるかは、実際のプランによってまちまちですが、住宅メーカーは決まっている場合がほとんどです。

ここでは戸建て住宅のフリープラン(自由設計)について説明しますが、マンションにもフリープランがある物もあります。

マンションのフリープラン

新築マンションでは、間取り・内装を完成させていない状態で販売し、決まっている間取りパターンから好きな間取りを選ぶか、間取りのレイアウトを好きに決められるパターンなどあります。フリープランのマンションは建築に時間がかかるため、申し込み締め切りが通常のマンションよりも早かったり、購入してから入居可能になるまでに時間がかかったりすることが多いようです。

フリープランと注文住宅とは違うのか

注文住宅は規格住宅などの場合を除き、外観、内装、設備などすべて希望して選べます。建築を工務店に頼む場合には、完全に自由に設計できる場合もあります。そもそも注文住宅を建てる場合には、基本的には住宅メーカーの選択から自由にできます。

フリープラン(自由設計)は、自由とは言うものの注文住宅ほどの自由度は無く、決められている部分が大きいです。箱は決まっていて、中身の配置を希望できたり、設備のグレードやカラーバリエーション位を選択できたりという程度のイメージです。そもそもフリープランでは住宅メーカーは決められてしまっています。

どんな時にフリープラン(自由設計)になるのか

分譲地が販売されるときに、販売者が建築条件を決めている場合、フリープランの中で建てることを条件とした建築条件付き土地として販売されることがあります。

この時、決められたフリープランの中で家づくりをすることになります。

建築条件付き土地とは?建売とは違うの?

家を買いたい、建てたいと思って物件を探していると、建築条件付き土地という言葉を目にすることがあると思います。 宅地を売る時にどのような家を建てるかを条件として決めている場合があります、その時に建築条件 ...

続きを見る

フリープランのデメリット

フリープランで住宅を建てる場合、このようなデメリットや注意点があります。

それほど自由にはならなず、要望も通らない。

住宅メーカーが用意したプランから選んで組み合わせて作ることになります。住宅メーカーにより対応は異なってきますが、用意されていない物をねじ込むことは難しく、どのような家を作るかの打合せ自体回数も少ないです。

見た目的には建て売り住宅のように見える場合が多い

分譲地が多棟現場で、建築条件付き土地として分譲されている場合、同じフリープランで分譲されることになり、全区画に家が建った時、同じような家が並び、建て売りの分譲地のように見えることが多いです。フリープランでは内装や間取りを選べる物は多いですが、外観は選べない物も多いです。

フリープランのメリット

フリープランで住宅を建てる場合、メリットもあります。

注文住宅より安く建てられる

フリープランで家を建てると、建売住宅とは異なり自分の要望がある程度取り入れられますが、完全に注文住宅で建てるよりは建築費用が安く抑えられます。

建売住宅より希望が取り入れられる

注文住宅よりは安く建てられますが、完成している建売住宅ではないので、間取りなどに自分の希望が取り入れてもらえます。

フリープラン(自由設計)で建てるべきか?

フリープランは、土地に建築条件として付いていることがほとんどです。家を買いたい、建てたいとなった時に、予算的に注文住宅は難しい場合、建売住宅か建築条件付き土地でのフリープランが候補になるかと思います。

建売住宅とは違い自分で決められる部分があるので、自分の生活スタイルに合わせた家づくりが可能になります。建売住宅でも良いと考えているようであれば、フリープランもおススメです。但し、建売住宅とは違い、購入してから建築するので即入居とはなりませんので、時間に余裕があれば検討してみるのも良いかと思います。

-住まいづくりコラム

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.