住宅メーカーの選び方

ハウスメーカーと工務店を徹底比較!【メリット・デメリットを分析】

注文住宅を建てる際、どんな住宅メーカーに頼むべきでしょうか。大きくは、ハウスメーカーと工務店で迷うことが多いのではないでしょうか。

ハウスメーカーと工務店では何が違うのか、それぞれどんなメリット・デメリットがあるのか。

そのあたりを解説していきますので、少しでも住宅メーカー選びの参考にしていただきければ幸いです。

後悔しないためにも、家づくりは賢く動きましょう。

ハウスメーカーと工務店は何が違うのか?

ハウスメーカーは大きいところは全国に、中堅規模でも主要都市は網羅していて、会社自体が大きいことが多いです。逆に工務店は、営業所が複数あることが珍しいくらいで、地域密着の街の工務店というイメージです。この2つで大きな違いとなるのが、倒産の心配だと思います。

工務店の場合、倒産したり事業をやめてしまった後、メンテナンスなどのアフターサービスが受けられなくなってしまうのではないかという心配をされる方も多いかと思います。会社規模が大きいハウスメーカーでも事業の縮小や合併など、変化はあることもありますが、2者で比較すると安定しているのはハウスメーカー側と言えるでしょう。

ハウスメーカーでは、商品規格がある程度決まっていることが多く、デザインや設計に関して細かい希望がある場合、完全に注文通りとはいかない場合があります。商品シリーズから好きな商品を選んで、カスタマイズしていくイメージが近いかもしれません。

工務店でも完全に注文通りの住宅とはならないかもしれませんが、融通がききやすく、要望に応えてくれる場合が多いようです。

 

ハウスメーカーについて詳しく

ではハウスメーカーについて、少し詳しく説明します。

ハウスメーカーの建てる住宅は、規格化、商品化されていることが多く、完全に設計していくというイメージではありません。規格化、商品シリーズ化されている中で、自由に設計して決めていくというイメージがあります。

ほとんどのハウスメーカーは、規格化、商品化された住宅のモデルハウスが住宅展示場などにあり、実際に建てる住宅のイメージを見ることができます。

ハウスメーカーは全国展開していることも多く、各地に営業所があり、全国規模の広告宣伝をしていることが多いです。

ハウスメーカーで家を建てる時のメリット

ハウスメーカーで家づくりをする場合、このようなメリットがあります。

モデルハウスがある

モデルハウスに行くことで、どのような住まいが作られるのかをイメージしやすくなります。

ただし、モデルハウスは宣伝用に良い住宅を建てているので、広さや内装設備など、同じシリーズでも最上級だったりして、普通に頼むときには選ばないものや、よほど広くないと作れない間取りだったりします。どんな物かのイメージはできますが、同じものとなることはあまりないと思った方が良いでしょう。

工期が比較的短い

規格化・商品化されていることが多く、建築期間が工務店と比べると短くなる場合が多いです。

家を建てた後も安心できる

家を建てた後、ハウスメーカーであれば倒産などのリスクは少ないと思われます。また、点検などのアフターフォローはハウスメーカーにより異なってきますが、会社がなくなっていてサービスが受けられないということは少ないでしょう。

ハウスメーカーで家を建てる時のデメリット

ハウスメーカーではこのようなデメリットが考えられます。

建築費用が高くなる

ハウスメーカーで家を建てる場合、ハウスメーカーの広告費が費用に含まれてきます。工務店でも広告宣伝費はかかりますし、ハウスメーカーでも広告宣伝費を抑えているところもありますが、ハウスメーカーでは広告宣伝費が高くかかっている場合が多いです。その分建築費用にも影響してきます。

また、工務店と比べるとハウスメーカーの方が利益を多くとる場合が多く、その分も建築費用に掛かってきます。

担当営業マンが変わりやすい

大手ハウスメーカーなどでは人事異動などで担当営業マンが変わってしまうこともあります。年数回人事異動がある企業もあり、家を建てている間は担当してくれても、住み始めた後でメンテナンスなどで連絡を取る時には担当者が変わってしまっているということはよくあるようです。

 

工務店について詳しく

工務店についても少し詳しく説明します。

ハウスメーカーとは異なり、小規模(基本的に1店舗)でやっていることが多く、ハウスメーカーは大きい企業の中で統一したサービスを提供しなければならず、特殊な建築は難しかったりしますが、工務店では、その店舗の対応できる範囲の中では自由に動くことが多いです。

工務店で家を建てる時のメリット

建築費用が安くなる

ハウスメーカーでは規格住宅の導入や建築資材を大量に仕入れるなどにより、建築費用を抑えることができ、実際にかかる費用自体はハウスメーカーの方が安い場合も多いですが、広告費などにより最終的には工務店より料金が高くなってしまうことが多いです。

希望が取り入れやすい

工務店では、ハウスメーカーのように規格化、商品シリーズ化された住宅をカスタマイズしての家づくりではなく、どのような家を作りたいかを話し合いながら決めていくことが多く、希望を取り入れてもらえることが多いです。

デザイン面でもこだわりたい、個性を出したいという希望がある場合、工務店では柔軟な対応が期待できます。

工務店で家を建てる時のデメリット

工務店で家づくりをする場合、このようなデメリットが考えられます。

完成してみないとわかりにくい

ハウスメーカーのようにモデルハウスでどのような住まいになるかが見えるわけではないので、希望通りだとしても実際どんな感じなのかは完成してみないと分からないことが多いです。

建てた後の心配がある

倒産や事業をやめてしまったなどで、アフターサービスが受けられなくなってしまう場合があります。

実力が分かりづらい

どのような家を建てることができる工務店なのかが分かりづらい場合があります。モデルハウスやカタログなどでイメージができるハウスメーカーと違い、どのようなことができる工務店なのかが分かりづらい場合があります。

建築期間が長くなりやすい

これは工務店により異なってくると思いますが、決まった商品規格で建築していくハウスメーカーよりは、客毎に違うものを建てる工務店の方が、建築期間は長くなりがちです。

 

結局、ハウスメーカーと工務店どっちを選べばいいのか?

予算がどれくらいなのか、どのような希望があるのか、どのエリアで建てたいのかなど様々な要因により、適した住宅メーカーが変わってきます。

ハウスメーカーだと自分の希望どおりにはできない自分の予算だとハウスメーカーは厳しいなどと考えていても、実は対応できる場合もあったりします。

そんなときは、あれこれ悩む前に聞いてしまった方がよかったりします。

無料で聞いてみる >>

-住宅メーカーの選び方

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.