土地探し

建築条件付き土地とは?建売とは違うの?

家を買いたい、建てたいと思って物件を探していると、建築条件付き土地という言葉を目にすることがあると思います。

宅地を売る時にどのような家を建てるかを条件として決めている場合があります、その時に建築条件付き土地として販売されます。

建築条件はどのようなものか

不動産会社が宅地を販売するときに、自社で家を建てることを条件とし、土地価格自体は多少安く売られます。

建築条件付き土地に家を建てる時には、フリープラン(自由設計)で家を建てることになります。

フリープラン(自由設計)ってなに?注文住宅との違いは?

目次フリープラン(自由設計)とはフリープランと注文住宅とは違うのかどんな時にフリープラン(自由設計)になるのかフリープランのデメリットフリープランのメリットフリープラン(自由設計)で建てるべきか? フ ...

続きを見る

不動産会社が土地を販売するときに、家を建ててしまって建売住宅として売るか、建てるものは大体決まっているが売れてから建てるかという感じです。土地の状態で売って、購入者の希望の間取りなどを取り入れた物を建てることになります。オーダーメイドの建売住宅のような感じです。

また、建築条件には期間の指定もあります。期間の長さは条件により異なりますが、例えば3か月以内に住宅の建築を契約することという条件になります。

建築条件が付いてしまっていると注文住宅は建てられないのか

注文住宅を建てたいと思っているときに、住みたい地域に土地が売られていて、それが建築条件付きだった時は、注文住宅を諦めなければならないのか、その土地をあきらめなければならないのか。

建築条件が付いてしまっていると、自分が希望する住宅メーカーで家を建てることができません。

土地自体の価格は多少安く設定し、住宅の建築も受注することでその分の利益を得ようとして建築条件を付けられます。そのため、住宅の建築費用から得られる利益の代わりに土地の購入に多く支払うことで建築条件を外してもらえることもあります。

どうしても住みたい土地が建築条件付きだった時、あきらめないで販売業者に相談してみましょう。

-土地探し

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.