住宅メーカーの選び方

ローコスト住宅を完全分析!【メリット・デメリットを解説】

注文住宅を建てる時に、ローコスト住宅を検討する方も多いかと思います。ローコスト住宅について調べていると、失敗談おススメできない理由などが目につくこともあるかと思いますが、ローコスト住宅にも当然良い点はありますので、自分に合う合わないをしっかり見極めて検討することが大事です。

住まいづくりでローコスト住宅をお考えの方へ、できるだけ後悔しないために、メリット・デメリットや注意点などを紹介します。

後悔しないためにも、家づくりは賢く動きましょう。

ローコスト住宅とは

そもそもローコスト住宅とはどのような物なのか、簡単に説明します。

ローコスト住宅は、その名の通り安く建てられる住宅です。

相場価格は、坪単価で30万円程度から、建物全体で1,000万円程度からと確かに安いです。中には坪単価20万円台のメーカーもあるようです。一般的にハウスメーカーの坪単価の平均価格は50万円程度からとなっているので、ローコスト住宅の坪単価はかなり安くなっています。

なぜ安くなるのか

ローコスト住宅がなぜ安く建てられるのかは、住宅メーカーにより異なってきますが、例えばこんな工夫で建築費用を安くしているようです。

規格住宅を提供している

住宅の設計などを、ある程度規格化してしまうことで、資材を安く大量に確保したり、資材をあらかじめまとめて加工しておいたり、設計費を抑えたりして、住宅の建築費用を抑えています。同時に、現場での建築作業が簡略化され、建築作業員の人件費も抑えることができます。

広告費を抑えている

大規模なテレビCMなど、派手な宣伝をしないようにして、広告宣伝費を抑えている場合があります。

無くてもいいものはオプションにしている

2階のトイレのように、あったら便利だけど無くても大丈夫な物はオプション扱いにしたり、窓、ドアやコンセントなども、最低限の設置にしたりして節約します。「ここにもこれが欲しいな」を欲張るとローコスト住宅なのにそこそこの金額になってしまったりするようですので注意が必要です。

ローコスト住宅のメリット

家づくりの際にローコスト住宅を選ぶことのメリットは、やはり費用が安く抑えられるということになります。

また、ローコスト住宅は規格住宅が多いため、ある程度の要望はあるが、1から設計に口出しするほどのこだわりは無いという方にはちょうど良いかもしれません。

ローコスト住宅のデメリット

建築資材や設備のグレードは、一般的な注文住宅と比べて落ちるようです。

それに伴い、住宅の寿命は短くなり、メンテナンス費用や光熱費などが多くかかってしまうことが考えられます。

ローコスト住宅が向いている方

予算は大きく取れないがどうしても注文住宅にこだわりたい方、相続などで土地だけ持っていて建物を安く建てたい方、家族構成が変わったら建て替えるつもりの方などには、ちょうどよいかもしれません。

ローコスト住宅の注意点

ローコスト住宅を考える時、要望を取り入れていくと、「思ったより見積金額が上がってしまった。」ということになる場合があります。そうなると、一般的にローコストに分類されない住宅メーカーと比べても金額が大差ないとなることも考えられます。ローコスト住宅をお考えの方も、複数の住宅メーカーから見積りを取って検討した方が良いかと思います。

また、建築費用だけで決めてしまい、耐用年数やメンテナンス費用の問題で結局高くついてしまうという場合もありますので、慎重に検討すべきです。

-住宅メーカーの選び方

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.