住宅メーカーの選び方

大手住宅メーカーを完全分析!【坪単価や性能を比較】

注文住宅を建てる際には、やはり住宅メーカーをどこにするのかは大事ですし、悩みどころだと思います。

  • 予算に合うのか
  • デザインは良いのか
  • 機能性は十分か
  • 耐震性能はどうか
  • アフターサービスは充実しているか

人によって気にする点は色々あるかと思いますが、大手住宅メーカーを中心に住宅メーカーを選ぶ際に気になりそうなことを

  1. 価格
  2. 耐震や断熱などの性能
  3. 木造や鉄骨などの工法

を中心にまとめ、各メーカーの特徴をご紹介します。

家を建てるという大事な買い物で、とても重要な住宅メーカー選びで後悔しないために、少しでも参考にしていただければ幸いです。

後悔しないためにも、家づくりは賢く動きましょう。

住宅メーカーの特徴

ここでは、大手住宅メーカーを中心に、特徴を表にまとめました。情報を持っているメーカーを掲載しているだけで、掲載していない住宅メーカーが良くないということではありません。掲載していない住宅メーカーについても、情報が得られ次第掲載していく予定です。

住宅
メーカー
坪単価
目安
性能
工法
ポイント
アイフルホーム 25~55万 木造 ローコスト住宅
アエラホーム 39.8万~ 木造 外張W断熱の高気密・高断熱・高遮熱住宅
旭化成ホームズ(ヘーベルハウス) 80万~ 鉄骨造 耐震・耐火性能
住友不動産 50万~ 木造 グレードの高いローコスト
住友林業 80万~ 木造 間取りの自由度
積水ハウス 80万~ 木造・鉄骨造 間取りの自由度
ダイワハウス 70万~ 鉄骨 防音・防水
パナソニックホームズ 60万~ 鉄骨造 半壊、全壊ゼロの耐震性
桧家住宅 40万~ 木造 耐震性能

※坪単価は目安です。同じ住宅メーカー内でも商品シリーズなどにより変わってきます。
※特徴は各メーカー一部の特徴のみ掲載しています。

坪単価から見る、ローコストで建てられるおススメの住宅メーカー

ローコストながら品質・評判の良い住宅メーカーをご紹介します。

アイフルホーム

アイフルホームは全国の工務店にフランチャイズチェーン展開しています。規格住宅を加盟の工務店で建てるというイメージです。これによりローコストでの住宅を実現しています。また、アイフルホームはLIXILグループの会社なので、LIXILの設備を安く仕入れることにより、コストカットしています。

アイフルホームでは、ローコスト住宅を提供しながら耐震性能などの安全面や耐久性にもこだわっていて、安いから壊れやすいとならないような家づくりをしているそうです。

アエラホーム

坪単価の計算方法が、床面積ではなく施工面積(玄関なども含む)なので、床面積で考えると思ったより坪単価が高いとなることが多くあるようですが、それでもローコスト住宅ということで、ハウスメーカーの坪単価を並べると安い部類に入るようです。

アエラホームでは、外張りダブル断熱工法や全熱交換型換気システムなどにより、住みやすい家づくりをしているようです。

 

耐震性能から見る、おススメの住宅メーカー

他の住宅メーカーの住宅が耐震性能が優れていないという訳ではありませんが、耐震の面で優れているという印象の住宅メーカーです。

旭化成ホームズ(ヘーベルハウス)

へーベールハウスでは、ALCコンクリートを外壁に使用することで、耐震、耐火性能に優れ、災害に強く、遮音や断熱性も高い家づくりをしています。耐久性にも優れ、ロングライフプログラムというサポートプログラムを提供しています。

積水ハウス

積水ハウスでは鉄骨造と木造(シャーウッド)に対応しています。積水ハウス独自のシーカスという地震動エネルギー吸収システムにより制振構造を構築しています。

また積水ハウスで採用している外壁材ダインコンクリートは耐火、耐久に優れ、外壁の防汚塗装タフクリア-30は外壁の塗り替えサイクルを30年とし、メンテナンスを軽減しています。

 

木造にこだわりたい方におススメの住宅メーカー

注文住宅を建てる時、木造住宅が選ばれることが多く、ほとんどの住宅メーカーが木造住宅を取り扱っているので、どこの住宅メーカーの木造住宅は良くないなどと言うことも無いのかと思いますが、特に木造住宅に強い、特徴があるという印象の住宅メーカーです。

住友林業

木造の注文住宅で真っ先に名前が挙がる最大手ではないでしょうか。

桧家住宅

耐震性能、省エネ性能に優れた住まいづくりしているようです。フランチャイズチェーンにより全国展開を進めています。

ミサワホーム

「蔵のある家」のような特徴的なシリーズがあります。デザインに優れ、20年以上連続でグッドデザイン賞を受賞しているようです。

 

インテリア・内装にこだわりたい方におススメの住宅メーカー

インテリアや内装は、大手住宅メーカーはどこもこだわっていますが、ただ強いという感じではない様です。

住友不動産

住友不動産は高級マンション・タワーマンションに強く、分譲マンションの供給戸数が全国1位(2014年~2018年実績)になるなど、マンションを得意としていて、その強みを注文住宅にも生かし、マンション仕様のハイグレードな内装などを取り入れた注文住宅を得意としています。

 

賢い住宅メーカー選びのススメ

まずはどんな住宅メーカーがあるのかを分かった上で、気になる住宅メーカーのカタログなどを取り寄せて選んでいくという流れになりますが、好みの住宅メーカーが見つかっても、自分で進めるのは不安という方におススメの住宅メーカー選びの方法があります。

詳しい人に聞いてしまうことです。

住宅メーカーの特徴をしっかりと理解していて、住宅メーカーがアピールしてくる良い点以外に、悪い点があれば教えてくれて、自分にぴったりのメーカーを一緒に探してくれる人がいれば安心して決めることができます。

住宅メーカーの選び方を見てみる >>

 

-住宅メーカーの選び方

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.