住宅メーカーの選び方

モデルハウスには行くべき?【住宅メーカー選び】

注文住宅を建てる際、住宅メーカーを選ぶときには、

  • 気になった住宅メーカーのカタログを取り寄せる
  • 住宅展示場やモデルハウスを見に行く

などするかと思います。

住まいづくりをするときに、住宅展示場やモデルハウスを見に行くべきかどうか。結論としては、見に行った方が現物を見ることができるので、住まいづくりのイメージがしやすくなりますが、いくつか注意して行くべきかと思います。

モデルハウスに行った方が良い理由

モデルハウスを見に行くと、住宅メーカーが実際に建てた住宅が展示されているので、自分が建てる住宅のイメージがわきやすいです。モデルハウスは宣伝用に間取りが広かったり、設備もグレードが良いものを入れていたりするので、実際に建てるものとは違ってしまうことが多いですが、それでもその住宅メーカーで建てるとこんな感じになるのかとイメージすることはできると思います。

モデルハウスに行くには

モデルハウスを見に行くときには、どうやって行ったら良いのか。いきなり行っても良いのか。

モデルハウスには連絡をしないでいきなり行っても、大体のモデルハウスでは対応してくれるはずです。しかし、予約をしないと営業マンに空きがなかったりして待たされることもありまし、その日は対応してもらえない場合もあります。

モデルハウスに行くときには、事前に来場予約をした方が良いでしょう。来場予約は各住宅メーカーのホームページなどに来場予約窓口があると思います。

モデルハウスに行くときの注意点

モデルハウスを見に行くと、担当営業マンが付きます。来場予約をしてから行く場合には、来場予約の連絡を入れたときの流れで担当営業マンが決まっていると思います。その担当営業マンと一緒に住まいづくりについての話を進めていくことになります。

モデルハウスでは、担当の営業マンとどのような家にしたいかなどの話をしたり、プランを提示されたりすると思います。住宅メーカーの営業マンと直接お話をするときには、少しでも良い設備などを入れようとしてくる場合も多くありますので、提案された物が本当に必要な物かどうかをしっかりと考えて話を進められるような心構えがあると良いです。

モデルハウスに行くときに、住宅メーカー直接連絡して来場予約するよりも、仲介サービス経由で申し込んだ方が、足元を見られたりせず、良い対応をしてもらえることがあります。

仲介サービスについて >>

-住宅メーカーの選び方

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.