こだわりの住まい

自分たちにぴったりの二世帯住宅を見つけよう!【種類・特徴、トラブル対策】

親世代と同居、もしくは、子供の家族と同居を考え、二世帯住宅を検討している方へ。

二世帯住宅といっても、色々な種類があります。二世帯住宅で同居生活をするには、自分たちの人間関係や生活習慣を踏まえてプランを立てないと、トラブルや後悔につながってしまいます。各タイプの二世帯住宅それぞれの特徴をおさえ、自分たちにあったプランを立てましょう。

ここでは、簡単にではありますが、二世帯住宅の種類について説明します。参考にしていただければ幸いです。

二世帯住宅の種類

同居タイプ

玄関、キッチン、バス・トイレやリビングなど、基本的にはすべて共有します。それぞれに個別の部屋や寝室があるため、部屋数が多くなりがちですが、その点以外は普通の戸建て住宅になります。

完全に1つの家族として生活することになるため、人間関係がとても良好である必要はありますが、そこに問題がなければコスト面でも二世帯住宅の中ではすぐれ、楽しい団らんや助け合いなどができるため、とても理想的な生活がおくれるはずです。

部分共有タイプ

家庭によって、どこまで共有するかのラインは変わってきますが、大体の部分共有タイプの二世帯住宅では玄関は共有すると思います。玄関より先は、どこまで共有するかはまちまちです。玄関を含めほぼすべてが別で、リビングだけ共有したり、キッチンとリビングだけ共有し、団らんのスペースを用意するといパターンもあるようです。

関係性や予算次第で、共有する部分を広げていく感じでしょうか。キッチンやバスルームは共有できた方が予算が抑えられますが、プライベートが減ってしまいます。予算ばかり気にして共有にしたけど、後になって別が良かったとならないように注意したいところです。

完全分離タイプ

建物自体は一緒ですが、玄関からすべてが分離しているタイプです。プライベートは完全に分けながら、同じ建物に住めることになります。

2軒建てるよりは安くはなりますが、設備などは完全に別になるので、二世帯住宅の各タイプの中では一番予算がかかってしまいます。

二世帯住宅のトラブル対策・注意点

二世帯住宅では一世帯で暮らす場合と違い、様々なトラブルが起こります。二世帯住宅を建てたときのよくあるトラブルや建てる前の注意点を紹介します。

二世帯の生活リズムが違うとストレスに

親世代と子世代で寝る時間、起きる時間が違うと、夜や朝に物音で迷惑をかけないように気を使うことになります。片方が寝ていても迷惑をかけないような寝室の配置やキッチン、お風呂やトイレなどの配置、防音・遮音などの対策が必要になります。

共有設備、スペースの使い方

キッチン、お風呂、トイレや洗面台を共有にする場合、一緒に使うのではなくそれぞれ別々に使うと、使いたい時に使えない、親世代もしくは子世代の使い方が気に入らないなど不便だったりストレスに感じたりしてしまいます。

洗濯も別々にするとなると、家族の人数次第ではずっと洗濯機を回していないといけなくなってしまいます。収納も共有の収納をメインにしてしまうと、二世帯分では思ったより物が多くなり、足りなくなってしまうことがあります。

玄関が共有の場合、意外と靴の数が多くなったりします。

リビングが共有の場合には、必要な物が違ったり、インテリアなどの趣味が違ったりと、二世帯両方がリラックスできるリビングにすることが難しかったりします。

実際の生活をイメージしてどのような共有の仕方にするかをよく考えましょう。

二世帯の生活動線が絡まってしまう

設備やスペースを共有するタイプにすると、親の寝室の前を通らないとトイレに行けないキッチンを通らないとお風呂に行けないリビングを通らないと洗濯物が干せないがいつも親がテレビを見ているのように、生活動線が重なって邪魔してしまうことがあります。

何を共有にするか、共有設備にアクセスするときにどこを通るのかなどしっかりと考えましょう。

物音に関すること

2階の音が1階に響いても問題ない配置にできるといいですね。誰かが寝ているときにお風呂やトイレなどを使いやすい配置も考慮したいです。寝室は落ち着くためにも離して配置したいという人が多いかと思います。

来客の時には、リビングに通したり、子供は子供部屋に通したりするかと思いますが、その時になるべく迷惑がかからないようにもしたいですが、これは難しいかもしれませんね。

自分たちにあった二世帯住宅の選び方

二世帯住宅では、子の世代が親の世代を助けたり、親の世代が子の世代の子育てなどを手伝ったりと、前向きな面では色々と利点があります。

しかし、どちらかの意見を取り入れすぎて、押し付けられるような間取りにしてしまったりすると、ストレスなどでその後の生活がうまくいかなくなったりもします。

多いパターンでは、親の世代が金銭的に負担をして二世帯住宅を建てるから、親の希望が多く取り入れられてしまい、子の世代はストレスを感じてしまうというケースがあります。

ポイント

どのような二世帯住宅が良いかを考える時に、当事者だけでなく中立的にまとめてくれて、住まいづくりに詳しい第3者がいた方が失敗しづらいです。

住まいづくりを無料でサポートしてくれるサービスがあるので、住まいづくりに不安がある場合、一度相談してみてもいいかと思います。

住まいづくりのコンシェルジュに無料で相談してみる >>

 

-こだわりの住まい

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.