お金のこと

坪単価って何?【注文住宅の建築費用】

注文住宅を建てようとして、色々調べていると、住宅メーカー毎の坪単価という言葉を目にすることが多いと思います。

そもそも坪単価とは何なのか、住宅メーカー選びで坪単価は本当に重要なのか?今回は、その辺の説明をします。

坪単価とは

注文住宅を建てようとするとしばしば耳にする「坪単価」という言葉。これは建築費用が1坪辺りいくら位かかるか、かかったかの目安として用いられます。

計算方法は単純に、「建築費用」を「延べ床面積」で割った数字(金額)です。

3000万円で延べ床面積60坪の住宅を建てると、坪単価は50万円ということになります。

住宅メーカーによっては、延べ床面積ではなく、施工面積で坪単価を計算します。施工面積には玄関やバルコニーなどの部分なども含まれるため、延べ床面積で検索した時の坪単価よりも安くなります。住宅メーカーを比較検討する際、坪単価を検討材料とするのであれば、延べ床面積で計算しているか、施工面積で計算しているかは気にするようにしましょう。

坪単価の使い方

家を建てようとなった時に、まず予算がどれくらいなのかを把握すると思います。次に家を建てたいエリアの土地価格相場を調べ、土地にいくら位かかるのかを想定します。残った金額が、建築費用に回せる予算になります。

家族構成などからどんな間取りでどれくらいの延べ床面積が良いかをイメージし、建築費用に回せる予算から、坪単価どれくらいなら建てられそうかを出します。

大体の数字ですが、この坪単価を目安に上下の坪単価で対応してくれそうな住宅メーカーをピックアップし、住宅メーカー選びの材料にします。

実際に住宅メーカーに頼むときは、「坪単価いくらで建ててください」という言い方はせず、「予算いくらでこんな間取りの家を建ててください」となるので、実際には坪単価を使うことは少ないと思います。プランと見積りが決定した時点で、「坪単価にするといくらですね」となることはあるでしょう。

坪単価の考え方

1階建てと2階建てでは、坪単価が変わります。基礎工事や屋根の工事を1階のためだけに行うのか、2階も使うのかの違いが出ます。また、2階建てと3階建てでも変わってきます。3階建てになると、2階建てでは不要だった構造計算を行わなければならず、その分坪単価に反映されます。住宅メーカー毎の坪単価のデータなどありますが、階数ごとのデータはあまりないと思います。

内装設備のグレードなども建築費用に含まれてくるため、増減してきます。内装や建具などに良い物を取り入れると、やはり建築費用は上がってしまいます。

地形によっても変わってきます。土地面積が同じでも、外周の長さが変わると外壁の面積が変わってきたり、柱の数が変わってきたりします。

住宅メーカー選びの際、自分の予算で頼めそうなメーカーを選ぶ時の目安程度に考えましょう。

-お金のこと

Copyright© 賢い家づくりのススメ【後悔しない住まいづくり】 , 2021 All Rights Reserved.